薄紅蒼花

企画や創作のことを中心にいろいろ。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クレメリア キャラ設定



名前:クレメリア・ブランネージュ[Cremeria・Blancneige](愛称:クレア)

【基本設定】
性別:女 
年齢:22才(三帝決戦時:23才・W&K時40才) 
身長:163cm
出身:ガルガディア(現在・首都ヘルム在住)
職業:お菓子屋さん・パティシエ
一人称:私、二人称:あなた・~さま、~さん・~ちゃん
性格・特徴:清楚で大人しく、面倒見がよくしっかりしている。けれど、姉に似てどこか天然である。
魔法:水・氷/回復・治癒/光
好き:姉・甘いもの(特にアイスクリーム)・紅茶・カフェ・お茶の時間・ハグ・フランボワーズ

先祖代々寒い地域にある魔法を受け継いできた家柄であるブランネージュ家の3姉妹の三女。5歳上の姉のエクレシアと双子の姉のミルクレアがいる。上の姉のことはシア姉さま、お姉さま、双子の姉のことはクレア姉さま、お姉ちゃんと呼んでいる。3姉妹のツッコミ役。

ブランネージュ家は、主に水や氷、光や治癒の魔法などを得意としている家系である。
また、精霊との繋がりが深く、加護(後述)を始めに様々な影響を受けているため、通常の人に比べ少し寿命が長かったり、成長後の姿形の変化が少なかったりなどの特徴がある。

甘いものと紅茶が好きなのが高じて、双子の姉と一緒に街にお菓子屋さんを開くことになった。もともとは、小さい時に上の姉が料理やお菓子を作るのを双子で揃って見たり、食べたりしているうちに、自分も一緒に作りたい!となったのが始まりである。気づいたら二人で試行錯誤を重ねて、お菓子の研究をするまでになっていた。
また、姉と同じくカフェも好きで、cafeグラン・シャリオをはじめ、様々なカフェなどで姿が見られることもある。他店舗の調査と言いながらみんなで食べ始めるとすっかりそれを忘れていたりする。
また、姉がまとめているレシピから新商品を出したりもしている。総じてお姉さま大好き。


ユノ正教会の信徒でもあり、よく教会に顔を出したりもしていて、姉以外の教会の人との仲も良い。家族や教会の人とのお茶の時間も好き。

自分の作ったものなどで人に喜んでもらうのが好きで、いろんな人の笑顔(特に姉)をみたいという想いが行動原理にある。周囲を安心させる気質を持っている。
ちなみに、戦い云々においては、姉と同じく平和主義である。


【魔法設定】
水・氷の魔法を特に得意とし、他にも回復・治癒、光の魔法を使用する。
戦いを好まず、魔法を攻撃に利用することはほとんどなく、治癒以外の氷壁での防御など、守ることに向いた魔法を得意としている。でも普段は魔法を調理などに応用している。平和利用。
物理・魔法共に対して、高いを防御能力を持っていたりする。(比べる相手があまり居ないけれど)
また、常に治癒や水の魔法を応用した術式を自分にかけているため、髪や肌がさらつやしっとりに保たれている。いろいろと応用の幅は広い。
ちなみに3姉妹の中では魔力の総量は3番目、防御面以外でも間接的な効果を及ぼす魔法に優れている。

【回復・治癒について】
普段は対象者の身体に触れながら魔法を使用して治癒を行う。切り傷擦り傷からわりと大きな怪我、病気も治療可能である。
だが、エクレシアに比べて治療可能な範囲に限界がある。
そして、その難度に比例して魔力を消費するため、大怪我を短時間で何度も連続して治療することは自身への負担が増えることにもなる。
しかし、甘いものや紅茶で魔力の回復を補えるので、いつも食べ物などを持ち歩いている。もぐもぐ。どこから出てくるのか不思議に思われている。
また、祈りをささげるようにして、自分の周囲の人々を癒すことも出来る。範囲を広げると魔法力の消費も激しくなるので、こちらも広範囲で連続して使用することは難しい。
治癒魔法を使用している際には、髪や髪飾りなどが淡く光を発し、自身の周りにも小さい氷の結晶がきらきらと輝く。光の魔法の術式も応用されているという片鱗でもある。ちなみに傷口の洗浄も魔法で行っている。


【固有能力】
「氷精の加護」 
氷の精霊の加護を受けているブランネージュ家が持つ、水や氷の属性の魔法を強化、増幅させる能力。
効果範囲は限られているが、自身以外の他の魔術師の力も大幅に増幅される。
精霊の加護のおかげか、力尽くなど、通常の物理干渉を受けなくすることもできる。
3姉妹揃うことで、この能力は最大限に発揮されるが、共に平和主義であることと、戦の及ぶ場所にいないため、普段は日常生活で何か必要になったときだけ能力を発揮するに留まっている。

「シンパシー」
ミルクレア・クレメリアの持つ固有能力で、お互いの感情や感覚が共有される、という人に本能的に備わっている能力が強化されたものである。
感情や感覚以外にも、魔法や魔力、言葉など、二人がこれと思ったものを共有できる能力である。
とはいえ、傍目にはシンクロすることの多い仲の良い双子にしか見えなかったりする。普段から何かと利用しているらしい。


【戦闘について】
防御や回復などでの支援・サポート担当。
加護の力もあって同属性の魔術師との相性はいい。
とはいえ、攻撃手段も少なく、相手を傷つけるという行為は善しとしないため、もしも相手と一対一となる場合はほぼ防戦のみとなってしまう。
なので、誰かを助けるために戦闘に加勢せざるを得ないとき以外は非戦闘の姿勢をとっている。自分から誰かと敵対するということはない。
ちなみに3姉妹揃っての場合は防御担当。


以下追記です(名前由来やその他ぷち設定など)



・名前はアイスクリーム、クリーム屋さんが由来。姉妹揃っての名前の響きと甘いもの由来、それにクレア【Claire】(フランス語で光の意)の文字がアナグラムとして名前に入るように。
・誰かをハグするのが好きで、家族とかユノ正の子たちをハグしてたりします。
・しっかりしているのも、姉がよく頼ってくれるからという面が大きい。本当はわりと寂しがりな面もある。
スポンサーサイト

| テキスト | 21:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。